« 連続イベント『十星~蜀・五虎編』(その3) | トップページ | 季節イベント『春節』(禄星編) »

季節イベント『春節』(寿星編)

中国でお祝いされる旧暦のお正月“春節”にあわせて
季節イベント『春節』が実施されています。

 【実施期間】
  2009年2月5日(木)定期メンテナンス終了時
   ~2月19日(木)定期メンテナンス開始前

今回のイベントのキーワードは…

 “対聯”(ついれん)

赤い紙に書かれためでたい一対の句のことで
お祝いなどの際に門の左右に貼られるものだそうです。
 ※詳しい解説は公式サイトやブログに掲載されています。

今回のイベントは、長安に登場した
【福星の童子】【寿星の童子】【禄星の童子】
という3人のNPCのいずれか1人に話し掛けると
それぞれのストーリーが始まります。

イベント初日の2月5日はログインできなかったのですが
2月6日に【寿星の童子】に話し掛けるところからスタートします。

090206_01

 【注意点】
  ここからはネタバレを多く含みますので
  イベントをまだ進めていない人は
  「続きを読む」をクリックしないように注意してください。

童子の師匠【寿星】が片方の句を残してどこかへ行ったそうで
もう片方の句を完成させることを手伝うのが今回の目的です。

今回のストーリーで用意された片方の句は…

 『戦孟起猛将裸衣示勇』

「猛将が鎧を脱いで【馬超】と戦い、その勇気を示す」
という意味だそうです。

私一人が全部を考えるのは、さすがに難しいということです。
過去一年間に
「勤労」「商業」あるいは「親切さ」でもって
この世界を耀かせていた人たちがいて
その5人の代表に会って
“対聯”の完成を手伝ってもらうことになりました。

春節の挨拶として、その人たちの長寿を祝ってあげると
“対聯”の続きを閃くかもしれないということです。

090206_02_2

【寿星の童子】から《寿星の対聯》を手に入れて
まずは[長安]にいる【織物商人】に会いに行きます。

090206_03

一文字目にある『戦』に対して
『護』という文字をあてることを提案されます。

続きを考えてもらうために
[池唐村]の【温和なお年寄り】に会いに行きます。

090206_04

『孟起』に対応し、『護』に続く言葉として
『曹公』という文字をあてます。

『孟起』は【馬超】のことで、『曹公』は【曹操】のことです。

続きを考えてもらうために
[閣亭原]にいる【香料商人】に会いに行きます。

090206_05_2

『猛将』に対して『親衛』という文字をあてます。

続きを考えてもらうために
[鮑家荘]にいる【勤勉な農民】に会いに行きます。

090206_06

『裸衣』に対して『挙鞍』という文字をあてます。

最後の言葉を考えるために
[長安]にいる【元気なお年寄り】に会いに行きます。

090206_07

ここまでくると
どの武将のことについて書かれた句か検討がついたらしく
『示勇』に対して『顕忠』という文字をあてます。

これで《寿星の対聯》は完成です。
依頼をしてきた【寿星の童子】に報告に行きます。

完成した“対聯”を見てみます…

 『戦孟起猛将裸衣示勇』
 『護曹公親衛挙鞍顕忠』

「猛将が鎧を脱いで【馬超】と戦い、その勇気を示す」
「親衛を担当する将は鞍を挙げて曹公を護り、その忠誠を見せる」

ここで【寿星の童子】から問題が出ます。

090206_08_2

『猛将』は誰のことか…
選択肢は【典韋】【許褚】【夏侯惇】…

正解は…【許褚】です。
戦場で鞍を挙げて【曹操】を敵の弓矢から護ったのだそうです。

ちなみに、私は間違ってしまいました。
不正解でもイベントは進めることができます。

あとは、師匠の【寿星】に完成した“対聯”を見せれば
依頼は完了となるようですが…

【許褚】の称号と同じ字を使った名前の村にいるという
ヒントだけで、はっきりとした場所は教えてくれません。

【許褚】は「虎痴」と呼ばれていましたね。

…ということは、[虎背村]かな?

090206_09

【寿星】を無事見つけることができました。

話を聞いてみると…

『魏』の立国は『呉』『蜀』より早く
しかも『魏』の君主【曹操】は、三国の君主の中で最年長で
【寿星】も【曹操】と『魏』との縁を感じて
今回の“対聯”を作ったのだそうです。

今回のストーリーはここで終了。
残りストーリーは後日に持ち越します。

あとから気づいたのですが…
私が最初にイベントを始めた場所は
長安の北にある宮廷の入り口付近
つまり『魏』の寡兵役や部曲砦管理官がいる場所。
ここで『魏』の武将についての
“対聯”のストーリーが始まりました。

…ということは長安の東門付近には
『呉』の寡兵役がいるので
そこにいる童子から始めると『呉』の武将について…
長安の西門付近には『蜀』の寡兵役がいるので
そこにいる童子から始めると『蜀』の武将についての
“対聯”のストーリーが始まるのでしょうね。

次回は、長安の東門付近にいる【禄星の童子】から始めます。

|

« 連続イベント『十星~蜀・五虎編』(その3) | トップページ | 季節イベント『春節』(禄星編) »

その他」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連続イベント『十星~蜀・五虎編』(その3) | トップページ | 季節イベント『春節』(禄星編) »