« 荊州での狩り手伝い… | トップページ | 連続イベント『十星~魏・三曹編』(その2) »

連続イベント『十星~魏・三曹編』(その1)

連続イベント『十星』が始まりました。
「魏編・蜀編・呉編・解決編」の全4回で構成されます

第一弾として「魏・三曹編」
2008年11月20日(木)定期メンテナンス終了時から
12月4日(木)定期メンテナンス開始前まで実施されています。

私もイベント初日である11月20日にチャレンジしました。

081120_01

公式サイトに掲載された「イベント概要」をもとに
イベントの出発点であるNPC“司馬懿”に会うために
長安の宝飾工房前へ移動します。

 【注意点】
  ここからはネタバレを多く含みますので
  イベントをまだ進めていない人は
  「続きを読む」をクリックしないように注意してください。

  記事の途中、NPCのセリフが出てきますが
  全部掲載しているわけではなく
  ポイントになると思われるものだけを掲載しています

ここで【十星】のタイトルの由来と思われるセリフを聞きます。

081120_02

3つは『魏』の「許昌の空」に…
『蜀』と思われる「西の空」に5つ…
『呉』と思われる「南の空」に2つ…

081120_03

この連続イベントのキーワードの一つである
『占星術』がセリフに出てきます。

081120_04

081120_05

「魏・三曹編」はこの言葉をもとに進んで行きます。

081120_06

081120_07

081120_08

081120_09

優れた詩人の一人として、“曹丕”
「司馬懿の占星書」を届けることになりました。

“曹丕”は「豫州北」にいるということなので
まずは「馬屋」へ移動しますが、いないようです。

エリア「豫州北」をぐるっとまわります

081120_10

「茶屋」にもいません…

司隷へ通ずる「関所」にもいません…

“曹丕”は武官ですから
「豫州北」の東にある野営地にいるかもしれないが…

081120_11

ここにもいません。

念のため、もうひとまわりしましたがやっぱりいません。

あと残っている場所は…
「誘惑の森」入り口にある「豫州北林」の馬屋かなthink

ここまで、安全な場所だけ回ってきましたが
初めて「豫州北林」の馬屋を目指したとき
敵NPCに襲われながら向かったことを思い出すと
こんなところに居るのかなと思いながら
馬屋を利用して移動してみると…

081120_12

いました。“曹丕”が…coldsweats01

事前に登録していた馬屋だからよかったのですが
この場所だと、ここに来たことがない低レベルの人には
“曹丕”を見つけることはちょっと難しいかも。

081120_13

081120_14

081120_15

次は“曹植”へ「曹丕の詩」を届けるようになりました

エリア「射鹿台」を探索するのですが…

ここでもなかなか目的の人物が見つからない。

081120_16_2

しかもちょっと油断すると敵NPC「化角鹿」が襲ってきます。
1匹だけだと倒せないことはないのですが
リンクして2匹襲ってくると逃げるしかありません。

グルグル走り回っても見つからず
改めて地図を見直し、行っていない場所をチェックすると
一番西の端にちょこっと出っ張ったところがあり
行ってみると…

081120_17

いました。“曹植”が…coldsweats01
私はどうも人を探すのが苦手なのかも。

081120_18

ここで新しいキーワード「雲台山の滝」が出てきます。

081120_19

081120_20

081120_21

次に“曹植”の父である“曹操”へ会いに行くことになります

次の場所へ移動しようとしていたそのとき…

081120_22

久しく会っていない知人と偶然出会いました

私は一人で移動するときには
人が少ないインスタンスを選ぶため
例えば「豫州-2」のように番号を大きいところにいます。
しかもこうやって同じ場所にとどまらずに
移動し続けていますので、今回知人と出会えたことは
本当に運が良かったことと思っています。

ここからは、二人で徒党を組んでシナリオの続きを追います。

“曹操”がいると言われたエリア「南西の野営地」へ移動。

081120_23

今回は、言葉が示すとおり「野営地」で
苦労することなく“曹操”を見つけることができました。
それとも知人がいたおかげで迷わなかったのかも。

081120_24

081120_25

081120_26

081120_27

081120_28

ここで「曹操の詩」を手に入れ
再び“曹植”“曹丕”を訪れます

081120_29

081120_30

二人から得たキーワードは…
雲台山の滝の裏にある「吐糸洞」です。

そこに何かがあると思い、移動します。

081120_31

なんと“左慈”がいるではないですかcoldsweats02
確か曹操に対して、あまり対応が良くなかった人物で
怪しい人物であったイメージがあります。

事前に公式サイトに掲載された「イベント概要」にある
《呪怨の辰砂》というアイテム名が出てきました。

081120_32

081120_33

どうもこのアイテムをとらないと
イベントはクリアできないのかな…think

一緒に行動している知人と相談し
念のため復活場所を洞窟入り口の祠に移して
とりあえず「吐糸洞」に入ってみることにしました

081120_34

入ってみてびっくりcoldsweats02
大勢の人が戦っているではないですか。

それも見慣れない敵と戦っています。
これが《呪怨の辰砂》を手に入れるために
用意された敵NPCでしょうか。

081120_35

これがレベル44ということもあって強くて硬い

1匹を相手にしていたのですが
もう1匹リンクしてしまい、やられてしまいましたweep

「吐糸洞」に入ると
イベントが進む何かがあると思われましたが
どうもこの敵NPCを倒して、アイテムを手に入れないと
先に進まないようです。

どうしようかと知人と相談しましたが
もう一度だけ洞窟に入って
1匹だけを相手にして戦ってみることにしました。

簡単には倒せなかったものの
途中助太刀が一人入ってくれたこともあり
何とか倒すことができました。

ただアイテムは手に入らずじまい。
どうも戦うと必ず手に入るものでもないようです。

どこかの徒党に混ぜてもらうことも考えたのですが
時間も21時となり、いつものように眠くなってきたこともあり
このあたりでひと区切りにすることにして、
馬屋まで移動したあと、徒党を解散しました

記事がかなり長文になってしまいましたが
タイトルに(その1)とつけたように
この日だけではイベントをクリアすることができませんでした。

5月22日から6月5日までの期間行われた公式イベント
『伝説の天才軍師が遺した物』で
「4人の発掘者」を探してまわるものがありましたが
このときは「荊州」を舞台にしていることもあり
低レベルでもそれなりに楽しめるものでした。

でも今回の公式イベント『十星』は…
“曹丕”“曹植”を見つけるだけでも低レベルには大変だし
なにより「吐糸洞」の敵NPCを倒すためには
高レベルの人たちと徒党を組んで協力しないと無理なようです。

私のように普段徒党を組んで行動することが
少ないものにとってはクリアは難しいようです。

良い方に考えると…

レベル上限が「50」まで上がり
これまでがんばってレベル上げをしてきた
キャラクターを活躍させるために
用意されたイベントなのかもしれません。

そして、このイベントをうまく利用して
いろんな人と積極的に徒党を組む
きっかけになれば良いなと感じました。

この公式イベントは
「三国志の世界観を色濃く映した連続イベント…」
ということでしたが
ここまでイベントを進めてきて
“司馬懿”から始まり…
“曹丕”“曹植”“曹操”の3人の関係が楽しめましたし
『占星術』という「三国志らしい」ものを
もとにしていることがなかなか良かったです。

「魏・三曹編」はしばらく実施されていますので
なんとかクリアして、次につながるといいですね。
クリアできたら、また報告します。

|

« 荊州での狩り手伝い… | トップページ | 連続イベント『十星~魏・三曹編』(その2) »

その他」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荊州での狩り手伝い… | トップページ | 連続イベント『十星~魏・三曹編』(その2) »