« 公式イベント“封印の竹簡”… | トップページ | “レベルキャップ開放”について… »

“部曲砦”導入について…

大型アップデート【涼州動乱】のなかで
9月25日実施予定として“部曲砦”が導入されます。

公式サイトの記事では…

 「仲間との絆を深める拠点が完成」

という言葉も見られます。

今回も5月28日、29日に「4Gamer.net」に掲載された
プロデューサー上野さんのインタビュー記事を参考に
あれこれ予想をしてみます…

インタビュー記事のなかで関連する文書を整理してみると…

 ・仲間と一緒に協力して何かを「育てていく要素」にする
  仲間同士でまったりと自分たちの砦を築きあげることをめざす
 ・部曲砦の建造には
  単なる生産やドロップ品の配置だけでは終わらない

 ・「家具」が置ける
  強い敵を倒したときの名誉的なオブジェが置ける
 ・家具は作ることができる
  (木工のようにどこか1クラスにまとめたりはしない)

 ・砦内に「生産設備」「銭荘」を導入

 ・部曲砦は「部曲用のプライベートな空間」である
  設定によって部曲員以外の人も訪れることがことができる

 ・部曲砦について、アンケートでの意見として多かったものは
  「倉庫的なもの」と「のんびりと生活できる要素」

それでは“部曲砦”がどんなものになるか
予想をしたり、自分の希望を書いたりしていきます…

“部曲砦”が設置される場所について

 「部曲用のプライベートな空間」とありますから
 「合戦」や「軍略」「プライベートダンジョン」のように
 “部曲砦”に入場するためのNPCが登場すると思われます

 自分の部曲の“部曲砦”だと
 そのNPCに話しかけるだけで入れようになるのでしょう。

 あと部曲員以外の人も訪れることができるようですが
 「訪問許可」を出しておく必要があることと
 部曲員の誰かと「連合」を組んでいないと入れないと予想されます。
 見ず知らずの人に勝手に入られると困りますからね。

“部曲砦”の建造について

 仲間と協力して何かを「育てていく要素」にするとありました。

 どうやって「育てていく」か考えたときに
 武将への「納品」のシステムが参考になるのではないでしょうか。

 「納品」は…
 納めるアイテムの種類によって
 決められた項目のレベルが上がっていきます。

 今回の“部曲砦”を「育てていく要素」についても
 「納品」同様に、アイテムを納めることで
 「何かを」育てることができるのでは…。

 それでは「何を」育てることができるのでしょうか

 砦内部の「空間(部屋)の広さ」とか…
 配置できる「家具の数」とか…

 もし「倉庫機能」が導入されるようであれば
 「倉庫の枠の数」とか…

 とにかく「育てる」という言葉にワクワクします
 どんなものになるのでしょうかhappy01

“部曲砦”に設置される施設について

 インタビュー記事では
 「生産施設」「銭荘」が設置されるとありました。

 「生産技能」が違うと「生産施設」が違ってきます。
 そのため「生産」を行うとき
 部曲員や知人と会話をしながらはできても
 違う施設で相手が見えない状態で作業をすることもあります。

 “部曲砦”内に「生産施設」が全種類設置されると…

 一人で黙々と作業をするのではなく
 みんなで一緒に楽しく作業をできるようになるでしょう。

 そして「銭荘」が設置されることで
 生産に必要なものが出てきたときには
 他の部曲員から簡単に譲ってもらうことができます。

 希望を言えば…

 「銭荘」が通常の「個人のための倉庫」だけではなく
 「部曲員共有の倉庫」も用意して欲しいです

 「共有倉庫」ができると…

 部曲員が不在のときでも
 「生産材料」の受け渡しが可能なだけでなく
 武器や防具のような「生産品」の受け渡しも可能になります。

 せっかく“部曲砦”という「特別な空間」ができるわけですから
 通常の街ではできないことができるようになるといいですね。

今回取り上げた“部曲砦”は
私がすごく楽しみにしている要素のひとつです

今後公開される大型アップデート【涼州動乱】の情報が
どんなものであるか期待したいですhappy01

|

« 公式イベント“封印の竹簡”… | トップページ | “レベルキャップ開放”について… »

その他」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公式イベント“封印の竹簡”… | トップページ | “レベルキャップ開放”について… »