« 部曲員が増えました(8) | トップページ | 合戦報告(2008.03.22実施) »

部曲員と「軍略」を楽しむ…

部曲員の一人が軍略未経験でチャレンジしたいと
部曲チャットを通じて呼びかけがありました。

現在ログインしていて、手が空いている人が集まって
“軍略”へ行く事になりました

では、その様子を書いていきます…
 ※うっかりSSをとり忘れてしまい文字だけの記事です

まずは、軍略の「参加メンバー集め」
定員5名の軍略が目的なので、できれば5名集めたいところ。

呼びかけをした時点で参加できるのは、私を含めて3名…

そのあと次々と部曲員がログインして
今度は増えすぎて6名となり1名余ってしまいます。

交代しながら軍略をこなすことも考えられましたが
1名が別の人と組んで軍略をしてくれるといっていただき
5名が「許昌」の軍略管理官前へ集合します。

軍略を始めたのですが…

1回終えたところで、都合が悪くなり
1名参加できなくなってしまいます。

最初人数が余って参加しなかった人は
すでに別のところで軍略を始めているため
残り4名で軍略をすることになります。

部曲の良い点のひとつに「徒党の組みやすさ」がありますが
今回は思った以上に参加メンバー集めに苦労しました…。

最後までこの4名で実施していきますので
ここからは“軍略”の中での行動をゆっくり書いていきます

このブログで軍略について書くことはあまりなかったので
まだ「軍略未経験」の方でもわかるように
ちょっと補足をしておきます。

今回選択をしたのは『脱出』と呼ばれるタイプのものです

簡単に《行動手順》を説明すると…
 ① 戦闘開始と同時に砦から外へ出て「目的地を目指す」
 ② 通り道をふさぐ敵NPCを「撃破する」(戦闘をして倒す)
 ③ 徒党員が倒されるとスタート地点で「復活する」
 ④ 「副目標」として副将を倒す(やらなくてもクリア可能)
 ⑤ 目的地にいる守護将軍を倒す「達成勝利条件」

これらを《評価の基準》に置き換えてみると…
 ① 「経過時間」を短く…
 ② NPCの「撃破数」を多くして…
 ③ できるだけ倒されずに「復活回数」を減らして…
 ④ 「副目標」をこなして…
 ⑤ 「達成勝利条件」を達成する

総合評価で「S」または「A」をもらうためには
①~⑤をすべて考慮にいれて行動します。

今回私たちは、定員から1名少ないこともあって
軍略を短時間で済ませて回数を多くこなす
通称「B回し」といわれる呼ばれる方法で進めます。

①の「経過時間」を短くすることを重視しますので
クリアに必要がない④の「副目標」副将を倒すは行わずに…
②の「撃破数」は最低限に抑えて戦闘回数を減らし…
⑤の「達成勝利条件」をめざします。

つまり《評価の基準》の②と④を考慮しないため
評価がよくても「B」判定というわけです。

このように目標をきめて、いよいよ“軍略”開始です

1回目は途中1名が倒れてしまい、評価は「C」判定です

この徒党の欠点は、1名少ないことだけでなく
回復役の「練丹」がいないこと

詳しく徒党の構成を書くと…
 「防御」1名・「攻撃」2名・「戦術」1名

そこで「戦術」の私が
「簡易回復」と「献身」(自分の体力と気力を分け与える)
を使って、回復役の代わりをすることにしました。
「練丹」のようなわけにはいきませんが…。

軍略を再開

今度は、回復が中途半端な上に攻撃力が落ちたため
敵NPCに囲まれたときには、ばたばた倒れてしまうことに…

「復活回数」が1回でもあると評価は下がってしまうので
4人とも倒れてしまった今回は、もちろん評価は「C」判定です…。

作戦を変更

敵NPCに狙われて危なくなるのは、盾役の「防御」1名だけ。
どうしても危なくなるときは
攻撃されにくい私が「献身」を使って体力を分け与えるが
基本的には移動中などで「簡易回復」を利用して
「自分で回復をする」ことにしました。

軍略を再開

倒されることなく「復活回数」は0回とすることに成功。
しかし「経過時間」が少し基準をオーバーして
評価は「C」判定う~ん、惜しい…。

軍略を繰り返して欠点を見つけ、少しずつ修正していきます

「達成勝利条件」である守護将軍を最後倒すときに
兵士が2名一緒に襲ってくるのですが
兵士1名を集中して攻撃をして先に片付けておき
残り1名の兵士は無視して、守護将軍を倒すことにしました。

また徒党員の移動速度を上げる技能「徒党疾駆」がありますが
戦闘を終わる頃を見計らって繰り返しかけていきます。
(ここまで気がつかなかっただけで、これは基本かも…)

こうやって修正していった結果…
ついに評価「B」判定をとることができました

このあとも繰り返していくと、戦闘も安定をしてきて
「経過時間」がどんどん早くなっていきます

そして効率よく戦闘が行われるため
自分で回復するだけで進めるようになり危険が減りました。

そしてこの日最後の挑戦では
今までで一番早い「経過時間」になりました

初めて軍略に参加した部曲員も含めて
みんな満足できたようです。

“軍略”を行うにあたって
定員にあわせた人数が揃い
バランスよく技能を持って徒党が組めれば
ここまで苦労することはないのでしょうが
今回のように限られた条件で試行錯誤しながら
高評価をめざすのもなかなか楽しいものでした

さらに、通称「B回し」を行うことで
短期間に「経験値」と「お金」がたまっていきますね(笑)

私は今まで“軍略”をする機会があまりありませんでした。
これからは、部曲員同士の交流も兼ねて
こういう機会を増やしていけたらいいなと思っています

|

« 部曲員が増えました(8) | トップページ | 合戦報告(2008.03.22実施) »

日記」カテゴリの記事

軍略」カテゴリの記事

部曲」カテゴリの記事

コメント

自分もはよ軍略してみたいっス!
MOっぽいんでスよね?楽しみっス。

投稿: ゲイ*ボルグ | 2008年3月23日 (日) 22時49分

>ゲイ*ボルグさん

「軍略」は
短時間に少人数で気軽に楽しめるものです。

いろんなタイプのものがありますので
みんなで楽しみましょう^^

投稿: 張月 | 2008年3月23日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部曲員が増えました(8) | トップページ | 合戦報告(2008.03.22実施) »