« 部曲員が増えました(6) | トップページ | 部曲員が増えました(7) »

「七品官昇進試験」のお手伝い…

先日「八品官」昇進試験のお手伝いをしましたが
別の部曲員が「七品官」昇進試験を受けることになりました。

080318_1

向かう場所は『呪われた陵墓』です。
今回はダンジョンへ向かう途中でも
ちょっとしたトラブルがあり、その様子も掲載してあります。

 ※ネタバレにならないよう配慮して
  「目的地の場所」「ボス」のSSは掲載していません。
  「途中の戦闘」のSSは掲載してあります。

最初は部曲員4名で向かいます
2名が揚州・益州ともに入ったことがないため
エリアの境に一番近い『荊州』の馬屋へ集合です。

4名が揃ったところで隣のエリアへ移動し
そこからは私を追尾してもらう形で走っていきます。

途中にある馬屋を登録しながら、ダンジョンに到着。

中に入るのですが、この場所は

『石林』でした…(@_@;)

落ち着いて「全体地図」を見直して、再び『荊州』へ戻ります。

『揚州』との境に一番近い「馬屋」は「長坂」ですが
私以外の3名はみんなこの場所を登録していない…。
登録済みの馬屋からここまで走ってくることになってしまいました。

『揚州』へ入り、長江を船で渡り、馬屋「建業城外」を登録。
そして目的のダンジョンに一番近い馬屋「揚州東」へ走ります。

途中敵NPCに襲われたり
「揚州東」付近でちょっと道を間違ったりしましたが
無事「馬屋」を登録して、復活場所もここの祠にうつします。
ダンジョンは入る直前も敵NPCに襲われて
追いかけられながら、あわててダンジョンへ飛び込みました。

いよいよダンジョン探索開始です

080318_2

4名で先に進めるか不安でしたが、なんとか倒せるようです。

2,3回戦闘をしたころ
同じように「昇進試験」が目的の徒党と出会い
連合を組むことをお願いして、7名で行動することになりました

080318_3

やはり7名になると戦闘は楽になり、問題なく「目的地」へ到着です

一緒に連合を組んでくれた方々はここまでということで
連合を解散して、私たちも外へ出ることにしました

「今日のダンジョン探索はこれで終わり」のつもりでしたが
時間が変わり、ログインしている部曲員の構成が変わったところで
もう一度『呪われた陵墓』へ入ることになりました

今度は5名での探索となり
先ほどとは違い、私たちだけで進むことができました

080318_5

先ほど連合を解散した場所へ到着。
せっかくだからさらに奥を目指そうということになり
ボスがいる広場へと進んで行きます

途中1名が倒れてしまい、怪我状態が回復するまで休憩…

回復したあと、さらに奥へ進むのですが
今度は2名が倒れてしまい、怪我状態になってしまいました。

このままでは危ないと思っていたのですが
別の徒党が後ろから私たちを追い越していきます

ボスがいる広場のすぐそばまで来ていたことと
怪我状態でやられると洞窟の外へとばされてしまうので
別の徒党のうしろからこっそりついていくことにしました。

そしてボスがいる広場へ到着です

先に到着していた徒党は、人数が5,6名と少なめではありましたが
一応「援助が必要なら協力する」と一言伝えておいて
ボス戦を見学することにしました。

いよいよボス戦が開始です。

この徒党はレベルが比較的高い上に、連係がしっかりしているようで
外から見ていて不安はまったくありませんでした。
私たちは邪魔にならないようこのまま遠くから見学です

そして見事ボスを討伐したようです

ここで私たちはどうするかということですが
全員一致でボス戦を行うことになりました。

先にボス戦を終えた徒党は、私たちの様子を見ているようです。

戦闘準備を行い、ボス戦の開始です

最初はうまくいっていた感じはあったのですが
すぐにばたばた倒れ始めました。

080318_7

その場で復活してもこの状態を変えることができず
私たちは全滅です…。

しかも、戦闘範囲が広がってしまい
見学していた徒党の人たちも巻き込んでしまい
戦闘準備もせずに気楽に見らえていたこともあり
その方々も全滅してしまいました

周囲会話を使い、お詫びをしたあと
お互い「おつかれさま」の言葉を交わして、外へ出ました

今回は部曲員とこうして一緒に行動できたのは
よい機会でしたし、楽しいものでした。

「八品官」「七品官」の昇進試験を受けてない部曲員は
まだまだいますので、またみんなで手伝いができるといいですね。

|

« 部曲員が増えました(6) | トップページ | 部曲員が増えました(7) »

依頼」カテゴリの記事

戦闘」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

部曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部曲員が増えました(6) | トップページ | 部曲員が増えました(7) »