« 部曲員が増えました(9) | トップページ | 「昇進試験手伝い」再び… »

軍略「Sねらい」に挑戦!

先日3月22日の記事では
“軍略”を行った様子を掲載しました。

目標は通称≪B回し≫と呼ばれるものでした。

このときに行った軍略と同じものを
通称≪Sねらい≫と呼ばれる目標で挑戦してみました。

選択した軍略は『脱出』と呼ばれるタイプのものです。

先日掲載した≪B回し≫は…
1回の軍略にかかる時間を短くして
数多くこなしたいときに行われる目標です。
「経過時間」を短くすることを重視をするために
「撃破数」はできるだけ少なくして「副目標」は行いませんでした。

今回の目標である≪Sねらい≫では…
「経過時間」を短くすることも大事ですが
「撃破数」を多くして「副目標」もこなす必要があります。

そのため、戦闘の回数が増えてきて
≪B回し≫よりは「経過時間」が長くなってしまいます。
つまり「経過時間」の目標得点は
「5点満点」ではなく「3点」になります

それでは、3月25日に行われた軍略の様子を書いていきます…

そもそもこの日軍略をやることになったきっかけは
前の記事で紹介した部曲員から誘われたものでした。

今回は私を誘ってくれた部曲員の方が
私より軍略の経験が豊富なので、党首をお願いしました。

そのときは、参加できる他の部曲員がいなかったため
許昌の軍略管理官前で直接徒党員を募集でします。

そうすると呼びかけにすぐ答えてくれたようで
3名の方が参加して、定員の5名を揃えることができました。

徒党員の戦闘能力は080325_3
“戦術”“防御”“投射”“練丹”“攻撃”
とバランスが取れているものになりました。
 ※このSSは軍略を繰り返して
  レベルが上がった後のものです

ここで目標を
≪Bまわし≫≪Sねらい≫
どちらで行くか決めます

党首から≪Sねらい≫が提案され
他の徒党員にも受け入れてもらうことができたので
この目標に決まりました。

いよいよ“軍略”開始です

≪Sねらい≫でいくことを決めただけで
特に打ち合わせをせずに、1回軍略をこなします。

「経過時間」は遅かったため「3点」にはなりませんでしたが
全体的な流れはよかったようです。

2回目の軍略開始

今度は釣る方法を間違えてしまい
砦近くで6人の敵NPCが一気に襲い掛かってきて

次々と倒れてしまいました…。

この時点で「復活回数」が多くなっているために減点されます。
さらに「経過時間」が長くなっているので
総合評価は「S」だけでなく「A」も難しくなっています。

「副目標」の副将を倒すことをやめて
「勝利達成目標」である守護将軍を倒して
この軍略を終了させます。

3回目の軍略開始

先ほどのように倒されることはなかったですが
まだ「経過時間」の得点が「3点」にはなりません。

4回目の軍略開始

また砦近くで6人の敵NPCが一気に襲ってきましたが
今度はなんとかしのげたようです。
目標としている「経過時間」ではなかったですが
確実によくなってきています。

5回目の軍略開始

今度は倒れてしまう人が出てきてしまい
2回目と同様に「副目標」をせずに軍略終了させます。
敵NPCを釣るタイミングはどうすればよいか
もう一度話し合います。

6回目の軍略開始

順調に進んでいくのですが…
目標と違ったNPCをターゲットして、不用意に突っ込む形になり
釣り役でない私が大勢を釣ってしまうことに…。
せっかくタイミングについて話し合ったのに台無しです。

でもこの失敗をみんながカバーしてくれ
最後の守護将軍を倒して評価を見ると…

080325_6

総合評価「S」を獲得です

080325_7

「経過時間」の得点は目標の「3点」になっています

この調子で、さらに軍略を続けていきます…

気になることが見つかったらアドバイスをしたり
他の人の動きを見て、自分の動きを修正したりしていくと
どんどん「経過時間」が短くなっていきます。

そして8回目の軍略が終了したときの評価は

080325_2

この日の“軍略”で一番短い「経過時間」を記録します

ここまで来ると、1回目の軍略と比べてみても
動きに無駄がなくなり、戦闘も慣れてきています。

ここで徒党員の一人が抜けたいということで
軍略も最後になりました。

総合評価はもちろん「S」をとり
きっちり締めくくることが出来ました。

この徒党での軍略はここまでとなり、解散です。

≪Sねらい≫は、緊迫感があって
総合評価「S」が出たときの達成感がたまりませんでした

また、どうすれば評価を高く出来るか
みんなで相談し、工夫していくのが楽しかったです。

≪Bまわし≫≪Sねらい≫の両方を実際に体験してみて
それぞれの楽しみがあることが分かりました。

“軍略”は団体行動ですから
目標に向かって、自分の役割をきちんとこなし
徒党員との連係をうまくとることが大事です。
その上で「楽しめる」ものになればよいですね。

|

« 部曲員が増えました(9) | トップページ | 「昇進試験手伝い」再び… »

日記」カテゴリの記事

軍略」カテゴリの記事

コメント

さすが、曲長!軍略の様子が良く分かりますね^^
党首をするのは、初めてだったのでいい経験になりました!!!
軍略も効率重視しなければ種類もありますし、もっと楽しんでみたいですね。

投稿: 黒龍宝 | 2008年3月29日 (土) 22時23分

>黒龍宝さん

私は軍略をあまり多くをやっていないため
今回は良い経験になりました。

やっていない軍略はまだまだありますので
いろいろ試したいですね。

投稿: 張月 | 2008年3月30日 (日) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部曲員が増えました(9) | トップページ | 「昇進試験手伝い」再び… »