« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

プロデューサーインタビュー記事…

「三onブログ」開設に続き
“4Gamer.net”にて
開発プロデューサー上野さんと
運営プロデューサー松本さんの
インタビュー記事が掲載されています。

「なぜ正式サービスが延期になったか」をはじめ
「新システムがどういったものか」など
疑問に思ってきたことをいろいろ語ってくれています。

「三onブログ」の記事からリンクされていますので
ぜひ読んでみてください。

続きを読む "プロデューサーインタビュー記事…"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アカウント先行登録…

『公式サイト』からの発表によると…
第二次プレオープンをプレイするのに
必要な「アカウントの先行登録」
2008年1月17日より開始するそうです。
こちらは今までアカウントを持っていない人のためです。

続きを読む "アカウント先行登録…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オフィシャルブログ」が開設された

“三onブログ”というタイトルの
「オフィシャルブログ」が開設されました。

このオフィシャルブログは、運営チームが管理・運営され
「開発の情報」や「本作にまつわる話題」などを
紹介されるそうです。

最初の記事にあたる12月20日の記事では
プレオープンアンケートで集計された
「勢力別に最も好きな武将」について掲載されています。

続きを読む "「オフィシャルブログ」が開設された"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「同一アカウント共有倉庫」について(その5)

『第二次プレオープンサービス』に追加される新機能のひとつ
「銭荘に同一アカウント内で共有できる倉庫を追加」について
あれこれ推測してきましたが
記事を書き始めると書きたいことがたくさん出てきて
この記事を含めて5つの記事になりました。

最後の記事(その5)では
“同一アカウント共有倉庫”の機能はどんなものになるか
考えていきたいと思います。

続きを読む "「同一アカウント共有倉庫」について(その5)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「同一アカウント共有倉庫」について(その4)

ここまでの記事(その2)(その3)では
“同一アカウント共有倉庫”の利用方法を考えてきました。

 ア)使えないアイテムを使えるキャラクターへ移動
 イ)同じアイテムを複数のキャラクターで使用
 ウ)入手できない「生産材料」を移動
 エ)自分が生産した「アイテム」を移動
 オ)持ちきれないアイテムを移動
 カ)売りたいアイテムを移動

“共有倉庫”が導入されると
このようにいろいろな利用方法が考えられますが
そもそも“同一アカウント共有倉庫”の機能が
なぜ導入されるようになったのでしょうか…。
私なりに推測をしてみます。

続きを読む "「同一アカウント共有倉庫」について(その4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同一アカウント共有倉庫」について(その3)

前の記事(その2)では
私が考えられるキャラクター作成のパターンとして
 ① 違った「戦闘技能」を持ったキャラクター
 ② 違った「採集・生産技能」を持ったキャラクター
 ③ 「倉庫」の代わりや「販売」目的のキャラクター
3つをあげ、そのなかで①について考えてきました。

この記事(その3)では
残りの②・③のパターンについて考えていきます。

続きを読む "「同一アカウント共有倉庫」について(その3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同一アカウント共有倉庫」について(その2)

前の記事(その1)では
「キャラクター作成」のルールを整理してみました。

この記事(その2)では
どんな目的で複数キャラを作成するか考えて
“同一アカウント共有倉庫”の利用方法を考えてみます

続きを読む "「同一アカウント共有倉庫」について(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同一アカウント共有倉庫」について(その1)

『第二次プレオープンサービス』に追加される新機能のひとつ
「銭荘に同一アカウント内で共有できる倉庫を追加」について
あれこれ推測してみたいと思います。

今回のテーマについての記事も長文になりましたので
区切りが良いところでいくつかの記事に分けます。
(あれこれ書くと記事が5つになりました…)

この記事(その1)では“倉庫”について考える前に
“同一アカウント”という言葉に注目して
「キャラクター作成」のルールを整理してみます。

続きを読む "「同一アカウント共有倉庫」について(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »