« 「アイテム自動販売システム」について(その3) | トップページ | 何を「販売」しようかな…(その1) »

「アイテム自動販売システム」について(その4)

前の記事(その3)では、“自動販売”と聞いて
 ① プレイヤーによる「対面販売」の自動化
 ② NPC「売り子」を雇って委託販売
 ③ 市場のように販売品を出展できる「施設」での販売
以上3つの形を予想しました。

まとめの記事として、それらの予想を踏まえて、
私が希望する「アイテム自動販売システム」はどんなものか選び、
今後販売の形がどうなって欲しいか書いてみます。

個人的には③のように販売品を出展できる「施設」を希望しています。

③のシステムはいわゆる「24時間営業のコンビニ」のような感じです。

③のシステムの良い点は
 ・どの時間帯でもアイテムを買うことができる
 ・様々な種類のアイテムを固定された場所へ行けば買うことができる
 ・プレイできる時間を戦闘など他の事に使え
  プレイしていない時間帯も利用してアイテムの販売ができる

過去の記事でも時々触れてきましたが
私が三國志Onlineをプレイするに当たって
「プレイする時間が短くても楽しめる」
という点を重要な位置に置いています。
そこから考えても③は私にあったシステムだと思います。

そして自動化されるされないは別として
“対面販売”もうまく生かされればいいなとも思っています。

“対面販売”はいわゆる「フリーマーケット」のような感じです。

販売員が手に入れたものや生産したものを店先に並べて
そこを購入希望者が並べられたアイテムをのぞき
「これもう少し安くして」などと値段交渉をして
交渉成立したら取引をするといった形ですね。

またいつも決まった場所に販売員が座って
そこへ行けば「食料」など目当てのアイテムが並んでいて
まさに「常連客」となって買い物ができます。

「信長の野望Online」や「大航海時代Online」で体験したことですが
毎月決まった日に「定期市」が開かれたり
事前に告知をして主催者が人を集めて「バザー」を開いたりして
楽しく販売や買い物をするのもいいですね。

ここまで4つの記事に分けて
「アイテム自動販売システム」について書いてきました。
第2次プレオープンまで時間があるので
少ない情報のなかであれこれ想像が膨らみました。
こうやってあれこれ考えるのは楽しいですね。

また気になることがあれば、記事にしてみます。

|

« 「アイテム自動販売システム」について(その3) | トップページ | 何を「販売」しようかな…(その1) »

日記」カテゴリの記事

販売」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、こんにちは。

色々と考察されておられますね。
私も「市場」のような競売施設は欲しいです。
もちろん、それとは別に露店(個人売買)もあって欲しいですが。
競売施設の有難い点は、張月さんが仰るように、買い手と売り
手に諸々のメリットがあることだと思います。
私はあまり個人売買しない方なので、いざ露店を開く時に、「相
場」が判らないといったことがあります。
コレっていくらなんだろう~?とよく悩んでしまいます(^^;
競売を覗けばある程度の相場が判る、というのもメリットではな
いでしょうか。
……デメリットになる可能性もありますけどw

『時間が限られている人でも楽しめるオンラインゲーム』になる
ように、スムーズな売買取引が欲しいですね!

投稿: 蒼蓮 | 2007年11月21日 (水) 11時01分

>蒼蓮さん

確かに「相場」がわからないことってありますよね。
そういう点で「競売施設」があれば
相場のチェックはやりやすいかもしれません。

蒼蓮さんがいう「スムーズな売買取引」が
できるようになるといいですね。

投稿: 張月 | 2007年11月21日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223340/17108675

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイテム自動販売システム」について(その4):

« 「アイテム自動販売システム」について(その3) | トップページ | 何を「販売」しようかな…(その1) »