« 何を「販売」しようかな…(その1) | トップページ | 「同一アカウント共有倉庫」について(その1) »

何を「販売」しようかな…(その2)

並べる“アイテム”を考える手がかりとして
 ① 私が「生産できる」アイテム
 ② 私が「手に入れることができる」アイテム
 ③ 私が「欲しい」アイテム
の3つをあげ
前の記事(その1)では①を元に考えてみました。

この記事では②、③を元に考えてみます。

② 私が「手に入れることができる」アイテム

まず「戦闘」で手に入るアイテムがありますが
今の段階では見当がつかないので、こちらははずしておきます。

私が持っている採集技能は「鉱石採集」ですので
この技能で採集できるアイテムのどれかになります。
「鉱石」だけでなく「竹簡」も考えられます。

先に「竹簡」を考えてみます。

採集をしていると「欠けた竹簡」が手に入ることがあります。
こちらは鑑定した後、運がよければ「○○の弐」といった
NPCが販売していない「戦闘技能」の竹簡になります。

装備を変更することで、様々な技能が使えるようになるので
それぞれ1個は持っていたいです。
そのため2個以上手に入れて、余った竹簡を販売するようになります。

そして「鉱石」を考えるわけですが
採集できる「鉱石」は種類が多くて決まらないので
ここで③を考えてみます。

③ 私が「欲しい」アイテム

「鉱石」の使い道は「生産のための材料」です。

私が「欲しい」ものということを考えると
「生産に使った材料」は“販売”に向いているようです。

私は「金属防具加工」をしていたので
「銅鉱石」「錫鉱石」「金剛砂」などを大量に使いました。

三國志Onlineは「プレイ時間が短くても楽しめる」という点に注目すると
自分でも「鉱石」を採集することはできるが「採集する時間を減らしたい」
と思っているプレイヤーもいると思います。

そうした人のために
「金剛砂」などを大量に採集して“販売”すると
お金に余裕がある人は買っていくかもしれません。

これらは「生産に使った材料」の中で
私でも「採集できる」ものでした。

しかし「生産に使った材料」の中には
私では「採集できない」ものや「生産できない」ものもありました。
例えば「黒炭」のように「伐採」の採集技能で手に入るものや
「麻生地」のように「布地加工」で生産するものです。

これらのものは、私の場合NPC素材屋から買っていました。

立場を変えて考えてみると
私が採集で手に入れた「鉱石」や生産で作った「金属防具加工」のアイテムを
わざわざNPC素材屋から買っている人がいるかもしれません。

今は情報が不足しているのでそれが何かは分かりませんが
それが具体的に何かが分かり
NPC素材屋が売っている価格より安く設定して“販売”すると
買ってくれる人が出てくると思います。

ここまでいろいろ“販売”について考えてきました。
他の方のブログを見ていると
プレオープンでは“販売”によって
お金を稼いだ人が何人もいるようですが
私自身はまだ“販売”をやったことがありません。

第二次プレオープンでは
「アイテム自動販売システム」も追加されることですから
ぜひ自分で“販売”をして稼いでみたいですね。

|

« 何を「販売」しようかな…(その1) | トップページ | 「同一アカウント共有倉庫」について(その1) »

日記」カテゴリの記事

販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223340/17166807

この記事へのトラックバック一覧です: 何を「販売」しようかな…(その2):

« 何を「販売」しようかな…(その1) | トップページ | 「同一アカウント共有倉庫」について(その1) »